Hit RI goto 【毎日豆腐食べてます!】
 
ひ と り ご と
★福岡単身赴任から自宅に戻り、毎日の食事のありがたさを身にしみて感じています★
感謝の気持ちを込めて!
 


ペプシノーゲン 検診の結果

昨年12月に受けた健康診断の結果が送られてきました。

判定は『G2=要精密検査』でした。

再検査の項目はペプシノーゲン
これは血液で判定する胃がんのスクリーニング検査です。

慢性的な胃痛持ちですし、
一昨年も昨年も胃カメラを飲んでオエオエしながら検査してます。
そして『逆流性食道炎』(Gastroesophageal Reflux Disease:GERD)という診断もされています。

今回の検査データは
ペプシノーゲンⅠは35.7
基準値は70以上が正常ですから低いです。
Ⅰ/Ⅱの比は4.8で正常値です。
(3.0以下が陽性)
だから±で要精密検査なのかもしれませんが、

前回はペプシノーゲンⅠが28.8で
Ⅰ/Ⅱの比は4.5ですから今回よりも悪いデータでした。
でも、判定は『異状なし』です。

なぜでしょうか?

納得できない判定です。
基準が変わったのでしょうか?
それとも年齢で判定基準が変わるのでしょうか?

確かに、たまに胃は痛いですよ。。。
胃薬を飲んでます。

胃カメラは定期的に検査するつもりです。

この検査結果を見て胃が少し痛くなってきましたし。。。

検診って、なんなのだろう・・・



Jan.18.2009(Sun)22:07 | Trackback(0) | Comment(2) | 健康について | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
Comment

ペプシノーゲンの基準値について

ペプシノーゲンⅠは70以下の場合でも、Ⅰ/Ⅱ比が十分高い場合(4以上)であれば、異常なしと考えてよいと思います。ペプシノーゲンⅠが40以下を疑陽性(弱陽性)と判定する施設がありますが、全く胃に異常がない人の40%以上が弱陽性に該当してしまうというデータもあります。したがって、ペプシオンーゲンの判定は、「Ⅰが70以下、かつ、Ⅰ/Ⅱ比が3以下」について陽性と判定する方がよいようです。一方、ペプシノーゲンが陽性でなくても、もしピロリ菌感染があれば、胃癌のリスクになりますので、ペプシノーゲンとピロリ菌を両方調べることが大切です。

 by lovelylife@live.jp | Mail | Nov.16.2009(Mon)06:35

lovelylifeさん♪

ペプシノーゲンⅠが40以下を疑陽性(弱陽性)と判定する施設だったのですね、
全く胃に異常がない人の40%以上が弱陽性に該当してしまうというデータもあるなら今回の結果は気にしません。
ペプシオンーゲンの判定は、「Ⅰが70以下、かつ、Ⅰ/Ⅱ比が3以下」を陽性と思えばよいわけですね。
検診の項目にピロリ菌の感染検査も取り入れてもらいたいもです。
ありがとうございました!


 by n_n | Nov.17.2009(Tue)22:04


(1/1page)