Hit RI goto 【毎日豆腐食べてます!】
 
ひ と り ご と
★福岡単身赴任から自宅に戻り、毎日の食事のありがたさを身にしみて感じています★
感謝の気持ちを込めて!
 


仙台

社会人になって最初に赴任した地が仙台です。
今からちょうど20年前です。
同期入社は5人
それぞれ、営業として
仙台、東京、名古屋、大阪、福岡に着任していきました。
入社から11年の間、仙台で過ごしました。
その間もずっと、
そして会社を移り勤務地を変えた
今までも、ずっとお世話になった先輩。
仕事も遊びも先輩に教わりました。
優しくて、誠実で、面倒見がよく、
先輩を中心にみんなが集まり、まとまっていました。
先輩は仕事も遊びも常に全力投球
一生懸命で手を抜くということはありませんでした。
自分の人生で、最も尊敬し師と仰ぐ先輩です。

ほどなく東北の責任者になり
3年前からは東日本の責任者として
東京に単身赴任していました。
3時まで勤務、6時起床。週末は仙台の家に帰る。
そんな忙しい中、ちょうど去年の3月14日
福岡転勤の送別会をしてもらいました。

先輩が体調不調を訴えたのは去年の11月初めでした。
ずっと無理を重ねていたのだと思います。
我慢して我慢して我慢して仕事を続けていたのだと思います。
誰よりもタフで頑丈な体を持った先輩でした。
必ず良くなる。そう信じて疑いませんでした。
回復を祈り続けました。

しかし、先週になって容態が急変
たくさんの人の思いもかなわず
ついに帰らぬ人になりました。


第二の故郷の仙台に
こういう形で帰郷することになるとは
まさに痛恨の極みです。
信じがたい、受け入れがたい事実です。

先輩はいつも言っていました。
仕事は誠実に一生懸命にやれば結果は自然とついてくるものだ。
地位やお金は関係ない。
『人生で最も大切なものは家族と健康だ』と。
体調を崩されてからは
「仕事はほどほどにがんばれ」と。

二男一女、下の男のお子さんはまだ10歳です。
不条理だと思います。
さぞかし無念だと思います。
でも、お兄ちゃんお姉ちゃんとも立派に育っています。
どうか、ご心配をなさらないで、
ゆっくりと安らかにおねむりください。
本当にありがとうございました。

生かされてる私たちは
先輩のことをひと時も忘れることなく生きていきます。



Mar.21.2007(Wed)11:31 | Trackback(0) | Comment(0) | ひとりごと | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)