Hit RI goto 【毎日豆腐食べてます!】
 
ひ と り ご と
★福岡単身赴任から自宅に戻り、毎日の食事のありがたさを身にしみて感じています★
感謝の気持ちを込めて!
 


なでしこ優勝!世界一!

サッカー女子ワールドカップ決勝戦。
前半はアメリカの攻撃に押されながらも懸命に防御。
あわやというシュートが決まらずに助けれらました。
前半を0-0で折り返し、後半へ
澤から大野への絶妙のスルーパスが通りますが
微妙な判定でオフサイド。
その後、縦パス一本からモーガンのシュートで先制点を奪われます。
点を取られても諦めないなでしこJAPAN
DF宮間がゴール前に詰めこぼれ球をシュート。
同点に追いつきます。
90分では決着がつかず、延長戦へ。
延長戦前半終了間際に
セットプレーからワンバックにドンピシャのヘッドを叩き込まれます。
やはり米国は強いなと思わせる鉄板のヘッドが
ゴールネットに突き刺さりました。
でも、選手たちは勝利を全く諦めていなかったのでしょう。
延長後半残り3分
セットプレーから宮間のクロスに澤が飛び込んでアウトサイドでゴール!
土壇場で再び同点に追いつきます。
18年間代表で日本女子サッカーを牽引してきた
澤の執念とも言える底力を感じました。
終了間際、アメリカの縦パスにモーガンが反応
決定的なシュートチャンスを
石清水がペナルティエリア直前でスライディングで防ぎます。
ファウルを取られレッドカードで退場になってしまいましたが
ラフプレーではなくファインプレーだと思いました。
FKを防ぎきってPK戦へ。
PKでは海堀がファインセーブを連発し
最後は20歳の熊谷が左上に豪快に決めて勝利しました。

終始押し気味に試合を進めたアメリカでしたが
勝利の女神はアメリカには微笑みませんでした。
アメリカには世界1位として負けられない
重圧やプライドがあったと思いますし
スタジアムの雰囲気も、世界の視線も今回はアウェイとなって
アメリカにのしかかったところもあったのだと想像します。

日本は猛攻に耐え、諦めないプレーで好機を呼び込み
少ないチャンスでゴールを決めました。
ファンからの応援もゴールを後押しすることになったでしょう。
体格的なハンディを敏捷性と強靭なスタミナで補い
戦い、勝利したなでしこジャパン。
すばらしいです。
本当におめでとう。そして、感動しました。
ありがとうございました



Jul.18.2011(Mon)16:34 | Trackback(0) | Comment(0) | スポーツ | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)