Hit RI goto 【毎日豆腐食べてます!】
 
ひ と り ご と
★福岡単身赴任から自宅に戻り、毎日の食事のありがたさを身にしみて感じています★
感謝の気持ちを込めて!
 


Show by Mar/7/2009

無銭LAN生活

無料インターネット生活

自称でんどろ(電波泥棒)生活も35ヶ月になります。

自分のアドレスがわかる・UGTOPと
http://www.ugtop.com/
それがどこの誰かがわかる・IPひろば
http://www.iphiroba.jp/index.php

を利用して
博多基地の発信源を知りました。

それは

9Fから始まるアドレスからそうではないかと
予想しておりましたがやはり家の近くのホテルでした。

目の前に黒い壁が出現してから景観は損なわれましたが
部屋の位置がホテルに近い側で
無線LANの電波がギリギリ届く場所だった。

”無銭LAN”でんどろ生活を可能にしたのかもしれません。



Feb.7.2009(Sat)23:54 | Trackback(0) | Comment(0) | 博多通信 | Admin

PMTC

1月の後半から右の奥歯に違和感

冷たいものにしみたり噛むと痛むようになってました。
ブラッシングをまめにするようになって
改善されてはきているのですが
自分で完治は無理だろうと
インターネットで歯科医を検索
家から近くて完全予約制
HPも公開し感じのよさそうなクリニックがありました。

十数年ぶりに歯科医を訪れました。

最新鋭の設備で歯科医というよりは
デンタルクリニックっていう呼び方が似合います。

予約時間より15分ほど早めに到着し問診票を埋めていきます。

来院した理由『歯がしみる』
既往、アレルギー歴その他
で最後に治療方法について複数選択可ということで
1.悪いところをすべて治したい
2.応急処置のみ
3.少々高額でもハイレベルな治療を受けたい
4.
5.すべて保険診療で行いたい
1と2の中間に△をつけて出しました。
とりあえず痛みがなくなればいいし、
他に治すべきヵ所があれば治すけど
すべてというわけではないし
保険外も値段にもよるなぁという意味です。

問診票を出すとすぐに診察室に通されてレントゲンです。
歯科用のCTでした。
歯科でもフイルムレスが進んでいるようです。

次に診察椅子に座り歯石から菌の存在を確認します。
歯ブラシサイズのカメラで写真も何枚か撮ります。
舌に試験紙を当て酸度のチェック。

13インチほどのモニターに菌の状態が映し出され
そこで『歯周病ですね』と告げられます。

「治療はプラークと歯石を取ることからはじめていきます。」

「歯石は2回に分けて取ります、今日は上の歯だけです。」
理由は下の歯茎に歯磨きでつけた傷があるからということでした。
『下の歯から治療して欲しいのに…』

PMTCが始まります。
(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)

まず、歯茎の状態・隙間があるかどうか1本1本チェックします。
次にレーザーで丁寧に歯石を取り除いていきます。
たまに歯茎に刺さるようにあたると痛いのですが
以前、歯科検診で受けたときよりもやわらかな刺激で
けっこう気持ちのよいものでした。
技術や機器の進歩を感じます。
それが終わると塩分?を噴射しフッ素をつけて研磨。
次に歯を見ながらブラッシングの指導
最後に歯茎のマッサージです。

これで一日目の治療は終了です。
診療室に入ってから出てくるまで70分ぐらいかかりました。

次週は下の歯をPMTCして
それから治療に入っていくってことですね。

今日は上の歯だけがキレイになって帰ってきました。
時間的に上下の歯石を一日で除去するのは無理なのでしょうね。

かかった費用です。

初・再診療 182点
画像診断  317点
処置    386点
検査    200点
-----------------------
合計 1,085点

3割負担で会計は3,260円でした。



Feb.7.2009(Sat)18:31 | Trackback(0) | Comment(0) | 健康について | Admin

玉子焼き飯

玉子焼き飯作りました。

卵をご飯に混ぜてから炒める方式を友人から伝授され
さっそくやってみました。

作り方2人前
・ご飯 2合ぐらい(前日の残り)と
 卵 2個(2個しかなかったので)をよく混ぜます。
・フライパンにごま油をしいてにんにくスライスを炒めます
 (ちょっと多すぎたかも…)

・卵と混ぜたご飯を入れて炒めます
・塩コショウ、最後に醤油で味を調えます。

お皿に取りゴマをふりかけて出来上がり。

パリパリ感がなかなかよかです。



Feb.7.2009(Sat)17:30 | Trackback(0) | Comment(0) | こんな料理を創った | Admin


(1/1page)