Hit RI goto 【毎日豆腐食べてます!】
 
ひ と り ご と
★福岡単身赴任から自宅に戻り、毎日の食事のありがたさを身にしみて感じています★
感謝の気持ちを込めて!
 


Show by Oct/29/2007

ホークス痛い連敗

リーグ優勝を目指すホークスは3位ロッテとの直接対決で
まさかの2連敗
3位に順位を落とした。
ヤフードームでの連敗にファンは落胆の色を隠せない。

残り5試合で首位ファイターズに4.5ゲーム差
ペナントレース終盤でのもたつき失速で
リーグ制覇はほぼ絶望的な状況に陥った。

昨年は3位に終わったホークス。
今年はここから巻き返しなるのか。
せめて2位になってホームでクライマックスシリーズを開催して欲しい。

☆ホークスのHPより☆
http://www.softbankhawks.co.jp/special/2007/climax_series/about_cmx/index.html
■昨年のプレーオフとはここが違う
【リーグ優勝の位置づけ】
昨年までのプレーオフとの大きな違いは、リーグ優勝チームの位置づけです。昨年まではプレーオフの勝者がその年度のパ・リーグ優勝チームとされていました。そのために、ホークスは2004年、2005年とレギュラーシーズンを1位で終えながら、プレーオフで敗退したために優勝チームとなれませんでした。

しかし、今年はレギュラーシーズン勝率1位のチームがそのリーグの優勝チームとなります。つまり、クライマックスシリーズは「リーグ優勝決定戦」ではなく「日本シリーズ出場権決定戦」というわけです。それによって、これまでセ・パの優勝チーム同士がその年の日本一を争ってきた日本シリーズも少し意味合いが違ってきます。

【アドバンテージ制度の撤廃】
次に昨年導入されたシーズン1位チームへの1勝のアドバンテージがなくなります。思えばホークスは2004年と2005年、2位に4.5ゲーム差をつけ、わずか0.5ゲーム差足りないばかりにアドバンテージを獲得できませんでした。もしアドバンテージの1勝があれば、どちらもホークスが優勝していたのですが…。そして、2006年は無条件でアドバンテージがつく制度に変わり、ファイターズとの決戦ではその「1勝分」に泣きました。

【ホーム&アウェー方式の見直し】
アドバンテージが消えた代わりに、開催される球場についても変更されます。昨年の第2ステージは、第1試合、第2試合がシーズン1位チームのホーム球場、第3試合、第4試合が第1ステージ勝利チームのホーム球場という「ホーム&アウェー」方式でしたが、今年の第2ステージはすべてシーズン優勝チームのホーム球場で行なわれます。

【2つのステージ】
クライマックスシリーズ第1ステージ
レギュラーシーズン2位と3位のチームが3回戦2勝制(先に2勝したチームが勝ち、1勝1敗1分の場合は2位チームの勝ち)で戦い、勝ったチームが第2ステージへと駒を進めます。なお、レギュラーシーズン同様に延長戦は12回までで、試合はすべて2位チームのホーム球場で開催されます。

【クライマックスシリーズ第2ステージ】
レギュラーシーズン優勝チームとクライマックスシリーズ第1ステージ勝者が5回戦3勝制(先に3勝したチームが勝ち)で戦います。引き分けが生じた場合、レギュラーシーズン優勝チームの勝利数が第1ステージ勝者の勝利数と同数以上になることが確定したときはレギュラーシーズン優勝チームが日本シリーズ出場権を獲得します。延長戦は12回までで、試合はすべてレギュラーシーズン優勝チームのホーム球場で開催されます。



Sep.29.2007(Sat)12:19 | Trackback(0) | Comment(0) | スポーツ | Admin


(1/1page)