Hit RI goto 【毎日豆腐食べてます!】
 
ひ と り ご と
★福岡単身赴任から自宅に戻り、毎日の食事のありがたさを身にしみて感じています★
感謝の気持ちを込めて!
 


Show by Apr/19/2006

WBCニッポン韓国に快勝!

春の嵐が吹き荒れる東京地方。
TBS系は朝から11:50から放送の決戦に向けて番組構成を変えてしまうほどの入れ込みよう。
マスコミに煽られるのは嫌ですが、今日は見ないわけにはいかない決戦。
引越しの準備やら引継書の作成やらありましたが
何をおいてもまずは王JAPANの決戦を見なければ!
序盤は上原も相手投手も一歩も譲らない投手戦。
日本の方に好機がおとずれる。
しかしミスとは言えないかもしれないけれど
判断の甘さでダブルプレーで逸する。
しかし上原の好投は続く。韓国がつけ入る隙は微塵もない。
徴兵免除が決まったからなのか、これまでの執念が感じられない。
7回に松中が2ベースで出塁。続くは長距離砲の多村。
0:0の展開。なんとしても欲しい先制点。
セオリーでは確実にバント。
しかし、多村はバントが苦手、案の定バントは下手で追い込まれる。
「あー、もー、さっきもいい当たりしてるんだしさ、打たせりゃいいじゃん!」って思ってしまった。
結果はボール球を空振りして三振。
「ほ~ら、なんだよ、もう、また負けるの?」
で代打に福留が起用された。
「福留かよ、、このところ調子悪いんじゃないの???打てないよ…」って王采配を疑問視してたら
なんと福留が「起死回生の一発!ホームラン!」
見事な王監督の采配に完全に脱帽しました!!!
密かにちゃんと福留の復調を見抜いていたんですね!!!
さすが世界の王!!!!!

上原の好投がこの流れを呼び込んだと思いますが、
福留の起用と、それに応えた福留の技と運。
日本は運の流れに乗ってきましたね!

逆に韓国は少し気の毒です。
一回負けただけで敗退。
ホークスが2年連続でプレーオフで敗れた状況に似てますね。

日本は決勝にこの流れを持ち込んで闘って勝って欲しい。

でも、韓国に勝って少し、これで満足ってところありませんか?
私はそうなんです。
もちろん勝って欲しいけれど。
今日の韓国との試合ほどキューバに勝って世界一になって欲しいって強く思わない。
「ベースボールの真の世界一を決める大会」
そのことに対して少し疑問があるからかな。
まぁそれでも勝って初代世界王者っていうのは気持ちよいでしょう。
子どもの夢を育てるという意味でも価値はあるのだと思います。



Mar.19.2006(Sun)20:08 | Trackback(0) | Comment(2) | スポーツ | Admin


(1/1page)