Hit RI goto 【毎日豆腐食べてます!】
 
ひ と り ご と
★福岡単身赴任から自宅に戻り、毎日の食事のありがたさを身にしみて感じています★
感謝の気持ちを込めて!
 


Show by Sep/19/2010

8月19日【今日の献立】

暑さの中心は西日本に移っているようです。
大分県の玖珠では38.3℃、、毎週通っていた町です。
東京では日没が早く感じるようになりました。
秋が少しずつ近づいてきているようです。

【今日の献立】
・ロールキャベツ
 (合挽肉、玉ねぎ、キャベツ、ベーコン)
  <小麦粉、焼き肉のタレ、酒、片栗粉+水、コンソメスープ、塩、コショウ>
・オクラの和えもの
 (オクラ、油揚げ)
  <オキアミ、白ごま、そばつゆ>
・焼き魚
 (サバみりん焼き)
・トマトサラダ
 (トマト、アーリーレッド、大葉、ごぼう(素揚げ))
  <キャノーラ油、塩>
・天ぷら、唐揚げ(昨日分)

☆豆腐☆
★ノンアルコールビール★
AsahiW-ZERO
Asahiらしくのどごしがかなり辛口です。
サントリーのオールフリーと飲み比べようと思ったのですが、、、
オールフリーはどこでも品切れ状態です。。。

◇目に良さそうなサプリ◇
・ルテイン
・ブルーベリーエキス、黒大豆種皮、カシスエキス
・ビタミンB-MIX



Aug.19.2010(Thu)22:55 | Trackback(0) | Comment(0) | 今日の献立 | Admin

『中心性漿液性網脈絡膜症』

今週の日曜日から左目が見えづらくなっています。
もともと目は良い方です。
先月の健康診断でも視力は 1.5 1.5 乱視も遠視もほぼありません。親に感謝です。
眼底検査でも異常がなかったのですが、、、
日曜日、朝起きたら写真のように中心部が丸くぼやけて見えます。
文字が読みづらい状況です。
白いものを見ると黄色いシミのように見えます。
目を閉じると中心部が緑の蛍光塗料のように丸く光って見えます。

調べてみると
『中心性漿液性網脈絡膜症』である可能性が高いようです。

『中心性漿液性網脈絡膜症』は黄斑に水ぶくれ(むくみ)が起こり
部分的な網膜剥離が起きた状態となって視機能が低下する病気です。
20~50歳(なかでも30~40歳)の人に起きやすく
20歳以前や50歳以降の発病はまれで
男性の発病頻度は女性の3倍と高くなっています。
身体や心がリラックスしているときよりも、過労や睡眠不足のとき、
ストレスが溜まったときに発病しやすいという傾向があります。
つまり、働き盛りの人、とくに男性が、
仕事などで無理が重なったときに起こりやすい病気といえます。
通常は片側の目に起こり、両目同時に発病することはまずありませんが、
時期をずらして反対の目に発病することはあります。とのこと。

治療法としては症状によって薬物
(末梢循環改善薬、・蛋白分解酵素薬・ビタミン薬)
レーザー光凝固術とあるようですが
3カ月から半年で水ぶくれが引いて、自然治癒するようです。

最近、テレビで『加齢黄斑変性』のCMがよく流れています。
中心性漿液性網脈絡膜症と加齢黄斑変性は症状が良く似ている病気で
年齢が50歳を超えた方は、中心性漿液性網脈絡膜症は少なく
加齢黄斑変性が疑われるので、眼科を受診する必要があります。とのこと。

テレビのCMでは”失明の原因の第4位”と不安を煽ります。
”新しい治療方法”があります”と眼科の受診を勧めています。
私も『加齢黄斑変性』かも。。。と不安になります。
年齢的には『中心性漿液性網脈絡膜症』の可能性が高いのですが
検査を受けていないので『加齢黄斑変性』が否定されたわけではありません。
いろいろ調べている中で気になったのは
大手製薬メーカーのHPでは『加齢黄斑変性』の解説はあっても
自然治癒する『中心性漿液性網脈絡膜症』の解説はほとんどないことです。

さて、私が過労かどうかは別としても、
休日でも朝から晩まで四六時中パソコンの画面と睨めっこというのは
目の健康にとっては間違いなく良くはないようです。

目の使い過ぎにはくれぐれも気をつけましょう。
と言いながら、、、こんな時間・・・(-_-本末転倒です。

『眼科学会-中心性漿液性網脈絡膜症-』
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/momaku_tyushin.jsp

『三和化学研究所-中心性漿液性網脈絡膜症-』
http://www.skk-health.net/me/08/index.html

「加齢黄斑ドットコム」 ノバルティスファーマ株式会社
http://www.kareiouhan.com/

『加齢黄斑変性』について(参天製薬)
http://www.santen.co.jp/health/ohan.shtml









Aug.19.2010(Thu)00:46 | Trackback(0) | Comment(0) | 健康について | Admin


(1/1page)